ウーマン

チラシ印刷の依頼をオンラインで行うことができる

本

自分で出来るので便利です

本を作るとなると、業者に依頼するのが一般的な考え方ですが、製本機を購入すれば自分で製本をする事が可能になります。卓上で使用出来る小型の製本機なら5千円くらいですし、必要な部品も安く、仕上がりも綺麗なのでおすすめできます。

男性

プリントは業者に依頼を

神奈川で、チラシなどの大量印刷をしたい場合は、業者に依頼すると低コストで高品質の納品が期待できるため、おすすめです。最新の専門機器による大量印刷により、細かい要望にもこたえてくれること、納品も迅速であることなどから、技術を必要とする複雑な印刷や急ぎのケースでも、安心して依頼できるでしょう。

店舗営業とオンライン営業

色見本

営業形態による違い

営業形態の違うサービスが提供されているのが印刷業界の現状であり、チラシ印刷についても例外ではありません。印刷業者がサービスを行うようになった当初から行われているのが店舗営業ですが、現在では店舗を持たずにオンライン営業を行っている業者も多くなりました。激安チラシ印刷と銘打っている業者の多くがオンライン営業によってチラシ印刷を行っています。オンライン営業は徹底的なコスト削減を可能にしているのが特徴です。仕組みとしてチラシの受け渡し以外の全てのやり取りがオンラインで行われるようになっています。申し込みはウェブフォームやメールで行い、その連絡を受けた業者側がメールなどで返信を行うことにより印刷依頼が進められていきます。チラシそのものはデータとして業者に提供し、それをそのまま印刷してもらうのが原則です。オプションサービスとして画像として加工を行ってくれる業者もありますが、そのやり取りも全てオンラインで行われます。即時対応が必要ないのが業者側のメリットであり、人件費の削減を行ってチラシ印刷の単価を下げるのに成功しているのがオンライン営業です。一方、店舗営業では対面でほとんどのサービスを受けるようになります。データや紙媒体でチラシを持参してその場で印刷の準備を整えてもらい、すぐにその場で印刷してもらえるサービスを提供している業者もありますが、サンプルの確認程度で後日に納品という仕組みが一般的です。

チラシ

コストを抑えた広告媒体

チラシ配布は、コストを抑えながら十分な宣伝をすることができます。しかし、チラシを作成する上で、人口が多い場所だと大量に作成して配るのは大変なことであるため、業者に依頼した方が得策です。印刷業者では、印刷と配布を同時に行なっているところも多いため、お得な価格で利用できます。